>  > 0SYEL-X3M-WLL RIDERS メッシュブルゾン LLサイズ HONDA(ホンダ)
ピーエムシー PMC TOP END GASKET CRF450R(02-04)101 W6039 HD店
【送料無料】 充電制御車対応 バッテリー いすゞ コモワゴン CBA-JSGE25 用 AMS isuzu いすず イスズ80D23R ACデルコ ACDelco メンテナンスフリー 充電制御対応 AMS isuzu いすず イスズ 車 車用 80D23R カーバッテリー バッテリートラブル バッテリー上がり

0SYEL-X3M-WLL RIDERS メッシュブルゾン LLサイズ HONDA(ホンダ)

0SYEL-X3M-WLL (07-14) RIDERS メッシュブルゾン caos LLサイズ HONDA(ホンダ)

12月21日(土)、シネマート新宿にて、真実のロードショー

Tweet

イントロダクション

RIDERS メッシュブルゾン HONDA(ホンダ) 0SYEL-X3M-WLL LLサイズ メッシュブルゾン 0SYEL-X3M-WLL

1969年12月12日16時37分。多くの若者が、世界を変えようとした時代に、事件はおこった。

学生運動の波が高まる69年のイタリア。かの有名なミラノの大聖堂ドゥオモの裏にあるフォンターナ広場で、全国農業銀行が何者かによって爆破された。イタリア最大の未解決事件<フォンターナ広場爆破事件>。事件から44年後の今も、その真犯人は明らかにされていない。多くの若者が理想を信じ、世界を変えようとした時代は、この事件で終わった。犯人はいったい誰だったのか?操っていたのは誰だったのか?イタリア政府はすべてを知っていたのではないか? 東西冷戦のさなか、事件を闇に葬った巨大な力の前に、イタリアは青春に決別した。

一瞬たりとも見逃せない圧倒的な映像の力によって、実際におきたイタリア最大の未解決事件の真相を描く。

監督は、大ヒット作『輝ける青春』の名匠マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ。まだ十代の青年だった当時、この現場に居合せ、事件を目撃して以来いつか必ず映画にしたいと願いつづけ、満を持して映画化に取り組んだ。その演出は、全編緊迫感に溢れ、一瞬たりとも見逃せない映像の力はまさに圧倒的。同時に、巨大な力に翻弄されながらも真実を見いだそうとする人間の葛藤、信念 エスペリア スーパーダウンサス 1台分 S-MX RH1 ESH-120 取付セット アライメント込 ESPELIR Super DOWNSUS ダウンスプリング バネ ローダウン コイルスプリング【店頭受取対応商品】、希望、絶望、そして愛を描きり、深い感銘を与える。キャストには、ヴァレリオ・マスタンドレア、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノという脂ののった実力派。ファヴィーノはこの年の俳優賞を独占している。二人の妻を演じる美しきラウラ・キアッティ、ミケーラ・チェスコン、さらに名優オメーロ・アントヌッティ、現代イタリア映画に欠かせないルイージ・ロカーショなど錚々たる役者陣の演技も必見だ。

ストーリー

一人は容疑者。一人は警視。二人を繋いだのは、信頼か。それとも悔恨だったのか。

1969年12月12日16時37分。ミラノ。フォンターナ広場にある全国農業銀行が爆破された。死者17人、負傷者88人。ミラノは左翼の犯行を疑い、アナキストたちを次々に連行。彼らのリーダー的存在である鉄道員ピネッリも容疑者とされた。だが現場の指揮をとるカラブレージ警視は、ピネッリの人間性を信頼し、その犯行を簡単には信じられなかった。そして、ある夜、思いがけぬアクシデントが起こる。ピネッリが、取調中に転落死を遂げたのだ。自殺か、事故死か、殺人か。ピネッリの妻は夫の無実を信じ 【アレンネス】 Deep Cut ビレットエンジンマウントブラケット、を訴える。カラブレージ警視は裁判でその矢面に立たされながらも、次第に事件の真相に近づいていくが、そこには知ってはならない真実があった……。

キャスト

  • ルイージ・ロ・カーショ

    (予審判事 ウーゴ・パオリッロ)

    1967年10月20日、パレルモ生まれ。大学在学中に演劇に目覚め、パレルモで街頭演劇集団の一員として活動を始める。2000年、ジョルダーナ監督に出会い、『ペッピーノの百歩』の主人公に抜擢され、圧倒的な名演でダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞主演男優賞に輝く。以降イタリア映画界になくてはならない俳優となる。特に、ジョルダーナ監督の『輝ける青春』でのニコラ役は忘れ難い。

    主な出演作:

    2000ペッピーノの百歩
    2001ぼくの瞳の光
    2003輝ける青春︱夜よ、こんにちは
    2008セントアンナの奇跡︱狂った血の女(DVD 発売&TV 放映)
    2009シチリア!シチリア!︱バール・マルゲリータに集う仲間たち(イタリア映画祭2010)
    2010われわれは信じていた(イタリア映画祭2011)
    2012フォンターナ広場―イタリアの陰謀

  • ジョルジョ・コランジェリ

    (情報局副局長 ダマート)

    1949年 プレジャー レーシング サービス レガシィ BD5 (A~C) リアデフメンバーリジッドカラー、ローマ生まれ。ジョルダーナ監督とは、1995年の『Pasolini, un delitto italiano (パゾリーニ、イタリアの犯罪)』で初めて組む。その他、エットーレ・スコラ、パオロ・ソレンティーノら名匠の映画にかかせない名脇役。

    主な出演作:

    1998星降る夜のリストランテ
    2008人生、ここにあり!︱イル・ディーヴォ―魔王と呼ばれた男―
    2009頭を上げて(イタリア映画祭2010)
    2010イラクの煙(DVD 発売のみ)︱我らの生活(イタリア映画祭2011 上映題:ぼくたちの生活)
    2012フォンターナ広場―イタリアの陰謀

  • オメーロ・アントヌッティ

    (ジュゼッペ・サラガト大統領)

    1935年8月3日、フリウーリ=ヴェネツィア・ジュリア州バシリアーノ生まれ。タヴィアーニ兄弟、ビクトル・エリセ、テオ・ アンゲロプロスと、世界的名匠の代表作の多くに出演している名優。

    主な出演作:

    1977父/ パードレ・パドレーネ
    1980アレクサンダー大王
    1982サン・ロレンツォの夜
    1983エル・スール
    1984カオス・シチリア物語
    1987グッド・モーニング・バビロン
    1994カストラート
    1997ライフ・イズ・ビューティフル
    2002法王の銀行家 ロベルト・カルヴィ暗殺事件
    2008セントアンナの奇跡
    2012フォンターナ広場―イタリアの陰謀

監督

監督・原案・脚本:マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ

1950年、ミラノ生まれ。
処女作『Maledetti, vi Amerò(呪われた者たちを愛す)』が1980年のロカルノ国際映画祭でグランプリを受賞。その後も戦後イタリアの現代史に題材を取りながら、同時にみずみずしく豊かな映像表現で、単なる政治映画とは一線を画した、人間的な秀作、傑作を生み出している。1995年に発表した『Pasolini, un delitto italiano(パゾリーニ、イタリアの犯罪)』は、パゾリーニ暗殺事件に迫り、その真実を世に問うた問題作。2000年の傑作『ペッピーノの百歩』はベネチア国際映画祭はじめ多数の映画祭で絶賛された。2003年の『輝ける青春』は1966年から2003年にいたる37年間のイタリア現代史を一つの家族の姿を通して描いた6時間余の大河ドラマで、当初各1時間半の4回シリーズのTVドラマとして企画されたが、最終的に劇場公開映画として完成させ、カンヌ国際映画祭ある視点部門で最優秀賞を受賞。興行的にも世界中で記録的な成功をおさめた。

主な監督作品
1980 Maledetti, vi Amerò
1981 La Caduta degli Angeli Ribelli
1988 Appuntamento a Liverpool
1991 夜ごとの夢/イタリア幻想譚 *オムニバス、第三話「炎の中の雪」を監督
1994 L'Unico Paese al Mondo(短編)
1995 Pasolini, un delitto italiano
1996 Scarpette bianche
1997 La rovina della patria
2000 ペッピーノの百歩
2003 輝ける青春
2005 13 歳の夏に僕は生まれた
2008 狂った血の女(DVD 発売&TV 放映)
2012 フォンターナ広場―イタリアの陰謀

監督へのインタビュー

—— ある日、若者の一団が、テレビの報道番組でインタビューを受けているのを見た。そのナイーヴな答えから、彼らがフォンターナ広場での出来事について何も知らないことが分かった。何人かは、自分たちは情報通であると胸をはっていたが、フォンターナ広場の事件を“赤い旅団”によるテロであったと言っていた。同じ質問を大人にしたとしても、おそらくは同じような回答だっただろう。イタリアの歴史において決定的な、このきわめて重要な事件について、今や間違った情報が広まっている。

—— 「かすむ霧 、月のない夜、すべての牛は闇に溶ける」。
誤った情報とは、隠し通された一つの「秘密」に起因するのではなく、それはむしろ、その膨大な量のデータが混乱し、互いを隠してしまっていることから生まれるのだ。事件についての文献も、時とともに測り知れないほど大量に出版され、パズルにピースを加え続け、この事件の暗い闇に若干の光があてられた。しかし、逆説的に、一般的な感覚で捉えれば、その絵は、いっそう複雑に難しいものになってしまった。 他方、いわゆる「専門家による」調査も、この種の危険を免れているわけではない。

—— しかし、私は映画ならば、(たとえその必要性から簡略化したものを通してさえも)観客の記憶に訴えかけ、あたかも個人的に体験したかのように人々が事件につながり、ピースをつなぎあわせることが可能なのではないかと思った。 

—— そのためには、偏見なしに、都合による解釈なしに、フォンターナ広場の恐ろしい物語に関わり、記述することが非常に重要であると考えた。それには、鍵となる出来事を一列に並べること、事実を物語ること、そして、関係する人々の名前をそのまま使うことが重要だった。私はそのために、時の経過が蓄えたすべての情報を調査した。

—— この映画が描くことは、イタリア人だけでなく、世界中の観客にとっても興味があるはずだと信じている。イタリアは常に良かれ悪しかれ(おそらくは「良かれ」より「悪しかれ」だが)、独創的な政治の「実験室」だった。最も想像的で最も広範囲に効果をあげる、権力を守るための技術や装置を、それを世界に輸出する前に試して、洗練させる、魅惑的で残酷な「実験室」、それがイタリアだったからだ。

〈フォンターナ広場爆破事件〉から40年以上が経過した今日、知りたいと願うなら誰もが近づけるものとなった。この事件について語り、

0SYEL-X3M-WLL RIDERS メッシュブルゾン LLサイズ HONDA(ホンダ)

、扉を開く時がやってきたのだ。

マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ

*オリジナルプレスより抜粋

登場人物

上映劇場

F T
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-5151