>  > CMS シーエムエス リアサスペンション (52400KBG701) CUSHION ASSY,REAR

ASSY,REAR ASSY,REAR (52400KBG701) リアサスペンション CUSHION シーエムエス (52400KBG701) CMS


カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 ブリヂストン ブリザック VRX2 2018年製 在庫 スタッドレス スタッドレスタイヤ ● 175/65R15 MONZA R VERSION sprint ホイールセット 4本 15 X 5.5 +50 4穴 100

CMS シーエムエス リアサスペンション (52400KBG701) CUSHION ASSY,REAR

映画、小説、アニメ、野球などが好きなオジサンの日常です。 優雅・・・と呼ぶにはちょっとだけ侘しい独り暮らしをしてます。

CMS シーエムエス リアサスペンション (52400KBG701) プロジェクトミュー CUSHION ASSY,REAR MX/レオニスMX

さて、それではいよいよ「震電」が実用化されたとして、どれほどの活躍をしただろうか?と言うことについて考えてみましょう!

まずは「震電」を「震電」たらしめる最大の特徴、「速力」についてです。

最初にお話しましたように「震電」開発プロジェクトのキモは RG レーシングギア ZX DAMPER トヨタ マークII/クレスタ/チェイサー JZX100/JZX100用 スプリングレスキット 品番 PT006P-SP【車高調】【自動車パーツ】RACING GEAR ZXダンパー、

、超高空を征く米国の四発重爆撃機に二撃できるだけの高速を可能とする戦闘機であることです。それが発案者である鶴野正敬技術大尉が水交社の風呂で「400ノット♪400ノット♪」といつも鼻歌で歌っていたのが、目標とされる最大速度400ノット≒720Km/hなのです。

では、なぜ「前翼機型」だと「400ノット」なのか?

前翼機型である「震電」の有利な点は、推進(プッシュ)式のエンジン配置となるために何よりもエンジンの直径を気にしなくても良い点です。一般的な牽引(プル)式のエンジン配置の場合は、速度を出すのに最大の邪魔になる空気抵抗をエンジン自身が生み出すことになります。すなわち大馬力なエンジンほど大型になり 【送料無料】 165/60R14 14インチ TECHNOPIA テクノピア アルテミス NS9 4.5J 4.50-14 DUNLOP ダンロップ エナセーブ EC204 サマータイヤ ホイール4本セット、空気抵抗が増してしまうのです。

欧米の軍用機のエンジンに水冷式が多いのはそのためです。空冷式と比較して正面投影面積を極端に小さくできる水冷式は、空冷式に比べて重量ははるかに大きくなりますが、それを補って余りあるメリットがあるのです。

しかし、日本の開発室レベルではともかく、生産現場での基礎工業力では水冷式エンジンを安定した品質で生産することはできず、ドイツの傑作水冷式エンジン「DB601」をライセンス生産した「アツタ」も「ハ40」もその信頼性不足に常に悩まされることになりました。

そんな問題を一気に解決するのが推進式のエンジン配置なわけなのです。要求される部品精度が一桁違う空冷式ならば日本の工業力でもある程度ならば安定した生産が可能でしたから。

そこで「震電」のために選択されたがの、三菱製の「ハ43」です。

「ハ43」は三菱の傑作エンジンであり「百式司偵」や「五式戦」にも使われた傑作エンジン「金星」を18気筒化して小型でありながら大幅にパワーアップしたものです。中島飛行機が2000馬力と小型化を目指して実用化した「誉」に対抗して開発されていたエンジンです。小型軽量大馬力な分構造が複雑になり、大戦末期の品質低下によって所定の性能を発揮できず稼働率も下がる一方だった「誉」に対し、サイズが「誉」より大きいがその分信頼性が高い(と思われていた)「ハ43」でも推進式のエンジン配置である「震電」ならば問題なく使用できますからね。

実際には40数分の試験飛行しかしておらず、全力飛行もしていない「震電」が果たして最高速をどれだけ出せたのかは分かりません。と言うか「ハ43」も昭和19年12月の東南海大地震や物資不足のために開発が大幅に遅れており、九州飛行機に納入された時もまだ全力運転はまったく不可能な状態であり カーメイトGIGA GXK467 デュアルクス クールスカイ H4 35Wキット H.I.D.コンバージョンキット 色温度:6700K 明るさ:2900lm【FJ】、果たしてどれだけの性能が発揮できたかのかは未知数なわけです。そして、量産されたとしたならば結局「ハ43」も「誉」と同じように所定の性能を発揮することなく・・・と言う結果になったのではないかという想像もされます。

結論から言えば・・・残念ながら当時の技術力では「400ノット」を安定して発揮できる機体にはなり得なかったのではないかと、そう思います。

では、たとえば米国で開発されたような安定して大馬力を発揮するエンジンを使用したらどうなったのか?
それは、大いに可能性があったと思われます。

残念ながら、航空機の初期段階では推進式が主流だったのが、エンジンの小型化大馬力化が進むにつれて牽引式が主流となり、ジェット時代になるまで推進式の機体がほとんどないので比較しようがないのですが、数少ない前翼型の近代機であるイタリアの「アンブロッシーニ SS4」が960馬力のエンジンで536Km、米国の「カーチス XP-55」が1257馬力のエンジンで628Kmと、同時代の航空機に比べて特筆するほどの高速を発揮したわけでもなく消えてしまったのですが Arai アライ フルフェイスヘルメット RAPIDE-NEO [ラパイド・ネオ モダングレー] ヘルメット サイズ:XS(54cm) 、その小さな馬力を鑑みれば相当の高速性能を発揮しているとも言えませんか?

牽引式航空機の熟成と、ジェットエンジンの台頭によって推進式のレシプロエンジン機は陽の目をみることなく消えていきましたが 【送料無料】 WINRUN ウィンラン R380 175/65R14 KYOHO SEIN ザイン SS ソリッドブラック 5.5J-14インチ サマータイヤ ホイール4本セット、可能性を考えると楽しくなるのは事実ですよね。

ただ、やっぱり「震電」が求められた時代、戦況、国内状況などを考えると「震電」が「震電」として活躍した可能性はほとんどないかな・・・現実には米国製のP&Wや独製のBMWを「震電」に搭載することは不可能ですから。

相当短くしたつもりですが、エンジンだけでも随分長くなってしまいました。
じゃあ、前翼型だと運動性はどうなのか?とか武装はどうなの?は、また次回に・・・
スポンサーサイト
Swage-PRO Fホースキット トライピース ステンB/BLK GSX-R750/600 11-17 《SWAGE-LINE PRO BTPB532FT》このページのトップへ
前の記事 «  ホーム  » 次の記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このページのトップへ

コメントの投稿

非公開コメント
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

Powered by FC2ブログ

Copyright ©CMS シーエムエス リアサスペンション (52400KBG701) CUSHION ASSY,REAR All Rights Reserved. 連雀日記 All Rights Reserved.

{yahoojp} {renjak.blog.fc2.com}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-25385