WirusWin NMAX155(2BK-SG50J) サイレンサー型 エアクリーナーkit ユーロタイプ ステンレス仕様/ウイルズウィン


 >  > WirusWin NMAX155(2BK-SG50J) サイレンサー型 エアクリーナーkit ユーロタイプ ステンレス仕様/ウイルズウィン

電影惑星 第5回 「韓国映画」  2011/05/19


 「激しい」といつも感じてしまう、韓国映画をみると。最近の「息もできない」も、ほんとに激しかった。たぶん韓国では(多くの地域でそうだろうけれど)、映画的なものに求められるものがあまりにも多くて、しかもそこに激しさが欠かせないのかもしれない。物語としても、映像としても、内容の悲劇性(喜劇性)としても、演技や身体としても、激しさが徹底していないともの足りないというか、充分に表現していないと感じられてしまうのかもしれません。それは創る側も受け取る側もの双方のこととして。
 それくらい何かへの希求というか、飢渇感が大きいのかもしれない、難しい歴史を辿ってこなくてはいけなかった国や民族としても。そういうことを思うと、激しさの振幅より、深度が浮かびあがってくるようです。やっぱりここでも生きていくことの苦しみや哀しみが語られ、でも同時に、それもまた人の、世界の豊饒さの現れのひとつなんだと語られているようです。

 

韓国映画の概略

1919年「義理の仇討ち」(劇場演劇用)  韓国最初の映画

・日本による植民化の時期  1930年代にひとつのピーク 日本支配への抵抗作品 
 1926年 ナ・ウンギュ「アリラン」、「野鼠」
 1932年 イ・ギュファン「主なき渡し船」
 通俗映画、傾向映画なども盛んに撮られる。

 1940年映画会社1社へ統括 
 「志願兵」「望楼の決死隊」などの日本軍のプロパガンダ映画

・第二次大戦後の高揚の後、朝鮮戦争の混乱
 1946年 「自由万歳」チェ・インギュ監督、「義士安重根」など

・戦後の解放期
  歴史劇「春香伝」など多様な映画が噴出

・50年代後期-60年代半ばにピーク
 歴史劇:「端宗哀史」、「思棹世子」、「無影塔」
 メロドラマ、家族劇:「ロマンスパパ」「朴さん」「荷馬車」「離れの客とお母さん」「金薬局の娘たち」
 戦争劇:反共イデオロギー 「帰らざる海兵」「赤いマフラー」
 前衛劇:「誤発弾」上映禁止

・軍部独裁政権時代
 メロドラマ、青春劇が中心の大量生産。そのなかで新しい監督や作品が出てきて、80年代の隆盛 を準備
 75年「映像時代」結成
 75年 ハ・ギルチョン(河吉鐘)「馬鹿たちの行進」
 79年 イ・ギョンテク(林權澤)「族譜」
 80年 イ・チャンホ(李長鎬)「風吹く良き日」
 81年 イ・ウォンセ(李元世)「小さなボール」
 82年 ペ・チャンホ「コパン村の人々」
 83年  イ・チャンホ(李長鎬)「馬鹿宣言」
 84年 ペ・チャンホ「ディープ・ブルーナイト」
 85年 イ・ギョンテク(林權澤)「キルソドム」

 「小さな映画」運動:8ミリなどの小型映画制作運動だが、民主化や自由な表現への向けた社会運度でもあった。
  1989年 ペ・ヨンギュン監督「達磨はなぜ東へ行ったのか」まったく独自の世界
  1992年「キムの戦争」 キム・ヒロ(金キロウ)事件を映画化

こういった状況のなかでも、日本への紹介や輸入は、現在の「韓流」と呼ばれる映画の流入以前はほとんどゼロと言っていいくらいの状態だった。

1990年 「桑の葉」 ピンク映画的な興味での紹介
1994年 林權澤(イム・グォンテク)「風の丘を越えて/西便制」
1996年 韓国映画祭 1946→1996 知られざる映画大国
      福岡市総合図書館、川崎市民ミュージアム、三百人劇場で80本が上映。

 

◆1990年代から2000年代にかけて

イ・チャンドン
1954年生まれ、教師から小説家を経て42歳で映画監督となる。2003年には韓国の国家機関である文化観光部長官に就任し、2007年退任。

グリーンフィッシュ (1997)
ペパーミント・キャンディー (1999)
ある男性の生涯をさかのぼりながら描き、同時に韓国社会の歩んできた近代を描いた作品。主人公のヨンホは数十年ぶりに集まってかつての仲間たちのピクニックを行う川辺に現れた。しかし、ヨンホは近くの線路へと向かい、迫ってくる電車を前に「帰りたい」と叫んだ。数日前 決算SALE【全品ポイント5倍×5%引クーポン】 フロント シートカバー マツダ スピアーノ 専用 レッドマスク チェック 前席 [1列分]シートカバー 生地とフィット感の最高級品質 カーシートカバー ※オーダー受注生産(約45日)代引き不可、初恋の人の夫が現れ、妻の死期が近いから妻と会って欲しいと頼まれたこと。数年前、事業をし妻と娘と暮らしていたこと。十数年前、刑事をしていて学生運動家や労働組合員へ拷問を加えながら取調べをしていたこと。二十年前、兵役についていたとき、訳もわからず武装して戒厳令下の街へ駆り出されたこと。
電車が線路の上を走る映像が逆再生される映像をはさみながら、ヨンホの思い出も過去へと遡っていく。後半の「面会」と題された章では、場所の名前は明確化されていないものの1980年5月と書かれていることから、明らかに光州事件について描かれたものである。映画の最初と最後で印象的に歌われるのは、韓国のバンドサヌリムの曲である「ナオットケ(僕はどうすれば)」。

オアシス (2002)
刑務所から出所したばかりの男と脳性麻痺で体が不自由な女の恋愛を描いた作品。事故を起こした罪で服役し出所したジョンドゥは、者の家族にお詫びに行こうと家を訪れるが引越しの最中で相手にされず、その家にひとり取り残されていた障害を持つコンジュと出会う。ジョンドゥは密かにコンジュと会い、車椅子に載せ外へと出かけるようになる。ドライブや食事、カラオケなどデートをする二人だったが、ある日ジョンドゥがコンジュの家にいるところをコンジュの家族に見つかってしまう。
コンジュを連れてレストランに向かうと、他の客もいて明らかに営業しているにもかかわらず、店員から店は営業していないと言われたり、ジョンドゥの身内の集まりにコンジュを連れていくと嫌な顔をされたりするなど、韓国における障害者に対する認識に疑問を投げかけたシーンも多く登場する。時折、二人の空想の世界でコンジュが健常者となって過ごすシーンが継ぎ目なく展開されるのが印象的。ヴェネツィア国際映画祭にて監督賞など多くの賞を受賞。

シークレット・サンシャイン (2007)
夫を事故で失ったシネは息子と共に密陽に引っ越した。ピアノ教室を始め、新転地で息子と共に新たなスタートをきったシネだったが、息子が事件に巻き込まれ、遺体で発見された。シネは救いを求めて、それまで信じていなかったキリスト教に入信するのだが。
現在人口の約三割がキリスト教徒である韓国において、キリスト教の布教役を務める近所の薬局の店主を誘惑したり、屋外の集会でキム・チュジャの「コジンマリヤ(嘘よ)」を勝手に流すなど、宗教に疑問を呈するシーンが多く登場する作品。

ポエトリー (2010)

キム・ギドク
1960年生まれ、朝鮮戦争で体が不自由になった厳格な父のもとに育ち 、父の命令で工場で働き始める。その後20歳で海兵隊に志願し、除隊後はパリへと渡り絵画の勉強をした。帰国後、脚本の執筆を始め映画の世界へと入る。

鰐 (1996)
ソウルの中心を流れる漢江の橋の下に住むホームレスの男は、川に潜って漢江に身を投げた人々から金品と奪って生活していた。ある日、女が身を投げ男は彼女を助け自分の女にしようとするが。
キム・ギドク の監督デビュー作。主人公の男が同じくホームレスの少年を使ってを働こうとしたり、仲間のホームレスの老人が捨てられた自動販売機の中に入って、人力自動販売機となって小銭を稼ごうとするなど、当時の韓国映画では、あまり扱われていなかった人々を描いた作品。主演のチョ・ジェヒョンは、その後キム・ギドクの多くの作品に出演している。

ワイルド・アニマル (1997)
悪い女?青い門? (1998)
リアル・フィクション (2000)
魚と寝る女 (2000)
受取人不明 (2001)
1970年代、米軍が駐留している農村の人々を描いた作品。朝鮮戦争時に負傷しながらも敵を倒したことが誇り
だと自慢する父を持ち、肖像画店でアルバイトをしている青年ジフム。幼い頃兄と遊んでいたときにケガをさせられ、片目が不自由になってしまった少女ウノク。米兵の父親はアメリカへ戻って行方不明になり、犬肉商人のもとで働きながら母と共にバスで暮らす青年チャングク。ウノクに思いを寄せるジフムだったが、若い米兵が彼女に目の手術をしてあげると申し出た。
人民軍兵士の遺骨が発見されるなど朝鮮戦争の傷跡、そして米軍の存在に翻弄される韓国の人々と ヴィヴィオ(92.03~98.09)KK3/KK4(NA) アクレブレーキローター スタンダード フロント左右セット■適合詳細要確認■後払い・代引き不可■、韓国に駐留することに悩みを抱える若い米兵など、当時の韓国を4人の若者の目線から描いた作品。キム・ギドクの子供時代をベースとなっている。

悪い男 (2001)
売春街を仕切っているヤクザのハンギは、ある日公園で見かけた女子大生のソナに心を奪われ、その場で無理やりキスをした。すぐに近くにいた軍人に見つかり引き離されケガをするが、ハンギはそれでもソナを諦められず、ソナを罠にはめて借金を負わせ、その返済のためということにして自分が仕切る売春街の娼婦にしてしまった。
ごく普通の女子大生だったソナが娼婦へと変化していく姿が衝撃的で、非現実的な設定ながらもハンギとソナの愛が描かれている作品。

コースト・ガード (2002)
春夏秋冬そして春 (2003)
山間の湖に浮かぶ寺を舞台に、四季それぞれに成長していく一人の男の一生を追った作品。春、寺の和尚と二人で暮らす少年は野を駆け回り、夏、成長し青年となった彼は寺に療養のためやってきた少女に恋をして、少女が去った後、彼も寺を出てしまう。秋、大人になった彼は事件を起こし寺へ逃げるも、に捕まってしまう。冬、中年となり出所した彼は誰もいなくなった寺に戻ってきた。そして、また春が訪れる。
あまりに印象的な舞台となる山間の湖は国立公園内だったため、撮影許可が降りるまで半年以上かかり、さらに一年がかりで湖に浮かぶ寺院のセットが作られた。冬の章はキム・ギドク自身が男を演じている。

サマリア (2004)
ふたりの旅行の費用を貯めるため、援助交際をしていた女子校生のヨジンとチェヨン。男の相手をするチェヨンと、監視役をしていたヨジン。しかしチェヨンの突然の死をきっかけに、ヨジンは今までチェヨンと寝た男たちに貰った金を返し、自身もその男たちと寝るようになった。しかし偶然、官をしているシヨンの父親が、ジヨンがホテルにいるところを見かけ、怒りに震えた父は娘と寝た男たちを追い詰めいった。ある日、父はジヨンを母の墓参りに誘った。
インターネットを使って大した罪悪感もなく援助交際をする女子校生と、それに対する復讐を男たちに向けた父親の壮絶な逆襲。しかし、後半の父と娘のロードムービー的展開において一筋の優しい光が垣間見える作品。ベルリン映画祭銀熊賞・監督賞を受賞。

うつせみ (2004)
弓 (2005)
絶対の愛 (2006)
ブレス (2007)
夫と娘を持つ主婦ヨンは、夫の浮気など家族との生活に疑問を持ち始めていた。ある日ヨンは、間もなく死刑執行を迎えるにもかかわらず、刑務所で喉を刺して自殺を繰り返そうとする死刑囚チャン・ジンの存在をテレビで知る。ヨンはジンに面会しようと刑務所へ向かい 【エスペリア】HONDA フリードスパイク FREED Spike HYBRID GP3 ダウンサス GP3 LEA-MF6 H23/10~H28/9 HYBRID リア、ジンに幼少期に溺れて昏睡状態になった経験を話した。その後、ヨンは四季に因んだ歌を歌うため、四季それぞれの風景をパソコンで大きく引き伸ばして印刷し、それぞれの時期の服装を来て、刑務所に向かった。妻の異変が気になったヨンの夫は、刑務所へと向かうヨンの車を尾行した。
刑務所の中で季節の大きな写真を貼り、衣装を着て歌うという異質の設定が特徴的な作品。エドワード・ヤンの「クーリンチェ少年殺人事件」でデビューし、「グリーン・デスティニー」などに出演した台湾人俳優チャン・チェンが主演。

悲夢 (2009)

・検閲の終わりと韓流ブーム
韓国の映画界は、日本統治時代の朝鮮総督府による検閲、そして朝鮮戦争休戦後は1962年に「映画法」が制定され、それ以降名前や制度の一部に変化はあるものの、事実上の検閲が続いていた。1996年、裁判所が映画の事前審査を違憲と判断し、韓国映画界の検閲は終わりを迎えた。
これにより国内外問わず多くの映画会社が韓国へと参入するきっかけとなったが、翌1997年のアジア通貨危機で韓国経済は大きく冷え込んだ。そして韓国政府は輸出産業を重工業だけでなく、映画やTVドラマ・音楽などメディアも輸出して外貨を獲得しようと考えたのが、

WirusWin NMAX155(2BK-SG50J) サイレンサー型 エアクリーナーkit ユーロタイプ ステンレス仕様/ウイルズウィン

[BLITZ] ブリッツ マフラー ニュルスペック R スープラ JZA80 93/05~ インナーサイレンサー無 競技専用部品 ※代引不可 ※沖縄・離島は送料要確認 ※個人宅発送不可、車屋宛のみ, カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 ブリヂストン NEXTRY ネクストリー サマータイヤ 225/50R17 WEDS ヴォルガ7 VOLGA7 取り寄せ ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7 +55 5穴 114.3, タナベ tanabe NF210 ダウンサス 1台分 エルグランド CBA-MNE51 04/8~ MC後 4WD NA サスペンション, エスペリア(ESPELIR) スーパーダウンサス1台分セット ニッサン スカイラインセダン PV36 3.5L 350GT Type SP VQ35HR H18/11~ ESN-804, 【メーカー在庫あり】 WJ-731S コミネ KOMINE スーパーフィット ケブラー ジーンズ 黒 レディース WL/30サイズ 4573325706330 JP店 18インチアテンザスポーツワゴンGH系WEDS マーベリック 709M サムライゴールド 7.5Jx18ZIEX ZE914F 215/45R18, YOKOHAMA ヨコハマ アドバン デシベル dB ES501 サマータイヤ 225/55R18 WEDS ウェッズ Leonis レオニス WX ホイールセット 4本 18インチ 18 X 7 +47 5穴 100, 【送料無料】 DUNLOP ダンロップ ウィンターMAXX 01 WM01 185/55R15 15インチ スタッドレスタイヤ ホイール4本セット BRANDLE ブランドル M69B 5.5J 5.50-15【DU17win】, AME MODELART BRAZZER (モデラート ブレイザー) 20インチ 8.0J PCD:114.3 穴数:5 inset:32 Hi DISK ブラックフィニッシュ [ホイール1本単位]ky, 【送料無料】 165/55R14 14インチ MANARAY マナレイ ヴァーテックワン アインス1 4.5J 4.50-14 DUNLOP ダンロップ ルマン V(ファイブ) サマータイヤ ホイール4本セット【DUsum18】 【エスペリア】HONDA ストリーム STREAM RN1からRN4までの前期モデル スーパーダウンサス RN3 K20A H12/10~15/9 2WD 2.0L リア

WirusWin NMAX155(2BK-SG50J) サイレンサー型 エアクリーナーkit ユーロタイプ ステンレス仕様/ウイルズウィン:バイクパーツ 外装セットDIO 110 外装9点セット ホワイトスーパーバリュー 取寄品 15インチ サマータイヤ セット【適応車種:ekカスタム(B11W系)】WEDS レオニス CH パールブラックミラーカット 4.5Jx15エナセーブ RV504 165/55R15

WirusWin NMAX155(2BK-SG50J) サイレンサー型 エアクリーナーkit ユーロタイプ ステンレス仕様/ウイルズウィン.データシステム テレビ&ナビキット スマートタイプ HTN-12S JAN:4986651170933 ホンダ フィット GE6・7・8・9 Honda HDDインターナビシステム(ワンセグTV) 【USA在庫あり】 DGパフォーマンス DG Performance スリップオンマフラー V2 09年-14年 KLX250S 1821-1682 JP店

ヘッドライト 05 06 07 F250 Lariat Dark Smoke Headlights Rear Chrome Tail Lights High Stop LED 05 06 07 F250ラリアートダークスモークヘッドライトリアクロムテールライトハイストップLED レクサスHS HS250h フロアマット(前部・後部座席分)【プレミアムブラウン】◆車種別設計 カーマット 車 フロアカーペット

、韓流ブームの始まりである。

◆設定が特異な韓流映画 -いずれも検閲があった時代には上映が難しかったであろう設定-
イ・シミョン「ロスト・メモリーズ」 (2002)
1909年、安重根による伊藤博文暗殺が失敗したところから物語は始まり、その百年後の2009年、日本が韓国を統治し続けているという設定。劇中では、実世界の韓国人は「朝鮮系日本人」として、朝鮮半島の独立を目指し韓国語を主に話す人々を「不令鮮人」と言う呼び名で表現され、「朝鮮系日本人」は日本語を話し、辛い食べ物も得意ではないといった描写もある。なお、これらの歴史は劇中では作為的に作られた世界とされており、劇中における真の歴史をたどった世界では2008年に朝鮮半島は南北統一したという設定にもなっている。

パク・クァンヒョン「トンマッコルへようこそ」 (2005)
朝鮮戦争時、ひょんなことから韓国人兵士、北朝鮮の人民軍兵士、そして連合軍のアメリカ人兵士がひとつの村で暮らすことになるという設定。村の住人たちは素朴な人ばかりで戦争が起こったことも知らず、最初は緊張状態にあった南北の兵士も、村で過ごすうちに次第に打ち解け合っていく。さらに、ある事情から連合軍によって爆撃されそうになるこの村を救うため、南北の兵士が協力して連合軍の爆撃機に攻撃をする。韓国国内では「親北反米」という評価もされた。

キム・ジウン「グッド・バッド・ウィアード」 (2008)
1930年代の満州を舞台に、ある地図をめぐって3名の朝鮮人のハンター、日本軍や朝鮮独立軍、馬賊団など様々な立場の人間が入り乱れながら展開される設定。マカロニ・ウェスタンに着想を得た作品で、主人公たちは欧米の西部劇さながらの衣装やガンアクション、広大な土地を必要とするシーンは中国でロケが行われ、キムチ・ウェスタンという愛称もつけられた。

 

*ドキュメンタリー
 1995年 「ナヌムの家」ビョン・ヨンジュ監督
 1999年 「息づかい」ビョン・ヨンジュ監督
 2003年 「送還日記」キム・ドンウォン監督
 2008年 「牛の鈴音」イ・チュンニョル監督

 

映画評など

送還日記(2003年 キム・ドンウォン監督)

信念、愛、憎、つながり
 私的な思いを語る形をとった監督自身のナレーションから映画は始まる。そういう、個的な距離の取り方でしか、この複雑に錯綜し捻れ積み重なったことがらを語りとおす方法はないのだろう。今も南北に分かたれ、冷戦、朝鮮戦争、独裁政権の深い生傷を負い、日本の植民地時代の傷も残る韓国の「非転向長期囚」とその送還を描いたドキュメンタリー。
 戦争捕虜やスパイとして逮捕拘留され、90年代に入って特赦により釈放され始めた人たちの服役年数、29年、34年さらには45年といった数字に、ただ呆然としてしまう。その長さにだけでなく、その間の暴力的な拷問や懐柔に耐えて「非転向」が貫かれるということにも。何が人をそんなにも強くまた頑なにさせるのだろうか。それはこの映画の底を流れ続けるもうひとつの問いでもある。
 釈放される先は南の「敵地」だ。老いて、当座の帰還のあてもなく、「アカ」の悪罵に曝され、近所の人や市民運動に助けられて貧しい生活を続けつつ、でも希望を捨てず、「祖国と人民のため」に闘うという志は揺るがない。今の社会では希有な「純粋さ」、毅然とした姿勢、尽くす生き方に多くの人が惹きつけられもする。今も「無謬の党」が中心に存在し、送還前の親族との最後の宴で主義を蕩々と説き始める人もいる。一方には、南出身で北の軍に加わった兄弟を徹底して拒絶する家族。獄中で「転向」させられた元服役囚は、尊厳も踏みにじられ帰還すらできず、しかもそれを自分ひとりで引き受けるしかない。
 スクリーンに現れる人々の背後にはもっと多くの服役囚がいるし、北にも多数の囚われ帰還できない人がいる。まして戦争で亡くなった人の数の膨大さ、誰もが暗澹たる思いに胸塞がれる。でもこの映画のトーンは明るい。同じ顔、同じことば スタビレー STAHLWILLE ボールジョイントセパレーター 11041-2-SW HD店、同じ苦しみを受けた人たちが、ここまで遠ざかり、憎みあってしまうことの無惨さと共に、しかし「敵地」のなかで同じ顔、同じことばで市井の生活を送っていける不思議とあたりまえさを掬いとる。そういう場、あり方をじっと見つめ、一人ひとりを、そのつながりを時間をかけて写しとろうとすることで産みだされるものが、確かにある。福岡市シネサロン・パヴェリアで上映中。(文さんの映画をみた日)

愛 汎用 ステッカー【アドミレイション】admiration ピンストアートライブ 1台分L/Rセット (8Ps) フロント:Dタイプ+リア:IIタイプ カラー:シルバー、季節、時代 - 移ろっていくもの、残り続けるもの

 大気はまだまだその底に冷たさを抱えたままだけれど、透明な陽光は真っ直ぐに落ちてきてあたりを満たし、小さく波立つ海の上を輝きながらずっと続いている。こうやって季節は、後戻りできない堰をひとつひとつ越すように移っていく。そんな光の溢れる津屋崎の海辺に立つと、がらにもなく愛とか時代とか移ろっていくもののことを考えたりしてしまう。そんななか、愛を巡るアジアの映画を2本みることができた。
 ひとつは2003年の韓国映画『ラブストーリー』。若い女性の現在進行中の愛と、彼女の母親の1970年前後の悲恋とが交互に語られる。朴独裁政権そしてヴェトナム戦争の時代。強圧的社会、絶対者の父、階層のちがいという背景、親友との三角関係、自殺未遂や雨のなかの逢い引きや列車での別れ、失明という悲劇もある。ヴェトナムの戦闘シーンが挿まれ、それを当事者として描く国だったことを改めて思いださせられるけれど、その戦争も独裁も、抗議のデモンストレーションも、ささいなエピソードのひとつになっていることに驚愕してしまう。30年が経ち、飛躍的な発展と変化があったということだろうか。そうして過去の悲恋が子供たちの世代の愛としてあっけらかんと成就することも、今という時代の要請なのだろうか。
 もう一本はタイの『ムアンとリット』。94年の映画だけれど、描かれた時代は1860年代。豊かな水と緑のなか、僧侶へのかない難い思い、女性が虐げられた時代の理不尽さと抵抗、その全てを超えて成就する愛の物語。
 過去が描かれるとき、往々にして現在の感じ方考え方でかつてのことをみていくから、単純な過去の批判や称讃になってしまい、愛や人の持っている深みみたいなものはなかなか浮かび上がってこない。個と個の近代の恋愛も、結婚や家族ということと同様、歴史のなかの性の制度のひとつにすぎないことも巧みに隠れてしまう。
 時代や屈折した関係のなかで、やっとの思いで手に入れたもの、そして喪ったもの。その流れのたどり着いた波打ち際に今わたしたちは佇んでいる。愛、はあるか?

 

セクシュアリティを巡って②『ロードムービー』

貫かれる愛と死
 「第13回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」で上映された唯一のアジアからの作品は、韓国の『ロードムービー』。韓国の映画には、やみくもなまでに激しく徹底していく傾向もある。この映画では、「同性愛」と呼ばれていることがらに関して、それに囚われ、アイデンティティーを探り確認するといった堂々巡りでなく、愛や自分自身の思いを貫くといった直截な方向で突き進む。性別としてではなく、誰かが誰かを愛するというだけだ、といった単純な勁さ。
 元登山家のデシクは家族と離れソウルでホームレスになっている。株の暴落で失敗したブローカーのソグォンは妻からも見放され、自死を試みてデシクに助けられる。新しい場所をめざしてふたりはソウルを出、途中で出会った若い女性、イルジュとともに南へ向かう。デシクからの愛を否定し拒絶するソグォン、デシクを求めるイルジュ、絡み合った関係のなか、たどり着いた街で再生をかけてデシクは肉体労働を続ける。
 都市の変質、激変する経済、ネット網やバーチャルな取引といった実体を持たないものが席巻していく社会での愚直な身体の没落といったことも重なる。自身の気持ちに忠実であろうとして息子も妻も捨てたデシクの頑なな一途さは、そういう不器用な生しか選べないということでもある。
 性行為の描写がずいぶんと激しく、彫刻的な硬さや強さで劇化されているのは、男性性への傾きや美学だけでなく、過剰すぎる思いと、ぎりぎりと絞られた緊張の比喩だろうか。永遠、つまり死の形象化。物語はひたすら破局へと突き進む、まるでそれが目的であるかのように。悲劇や悲恋が官能的でもあるのは、そのうすい膜の下に、いつも不可能性(その究極の死)をぴったりと貼りつけているからだろう。
 幾人もが死んでいき、そうして最後に、酷いことばを残して去ったソグォンを思いつつ、デシクが死をけっして石切場の発破作業のなかに入っていく。もちろんそこで映画は終わらず、彼は死なず、引き返してきたソグォンの裸の腕のなかで息絶える。
 HIV感染症(エイズ)が、治療が進んで「死の病」でなくなったとたんに芸術のテーマから振り落とされ、純愛が不可能性のメタファーとしてもまた現れてくる。けれどもそんなことと遠いところで、

WirusWin NMAX155(2BK-SG50J) サイレンサー型 エアクリーナーkit ユーロタイプ ステンレス仕様/ウイルズウィン

、人や愛はどこかへ突き抜けていこうとあがいている。

 


韓国で社会現象を起こしたイム・グォンテク監督の「風の丘を越えて/西便制」(1993)


「オアシス」でヴェネツィア映画祭の監督賞を受賞したイ・チャンドン



刑務所から出てきたばかりの男と体の不自由な女性との恋愛を描いた「オアシス」(2002)


宗教への疑問を扱った「シークレット・サンシャイン」(2007)



過激な作品を多く手がけるキム・ギドク



70年代米軍が駐留する村を描いた「受取人不明」(2001)


監督本人も主役として出演した「春夏秋冬そして春」(2003)



今も韓国が日本に統治されているという仮想世界を描いたイ・シミョンの「ロスト・メモリーズ」(2002)

 

 

 

WirusWin NMAX155(2BK-SG50J) サイレンサー型 エアクリーナーkit 用品 ユーロタイプ スリップオン ステンレス仕様/ウイルズウィン

 

 

ユーロタイプ ユーロタイプ ステンレス仕様/ウイルズウィン サイレンサー型 WirusWin NMAX155(2BK-SG50J) エアクリーナーkit エアクリーナーkit


 




 

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-15257