>  > KAWASAKI ZX-10R (13-15) ABS専用Valter Moto (バルターモト)バックステップレースタイプ

KAWASAKI ZX-10R (13-15) ABS専用Valter Moto (バルターモト)バックステップレースタイプ

KAWASAKI フロアマット ZX-10R (13-15) ABS専用Valter フォルクスワーゲン Moto (バルターモト)バックステップレースタイプ

2019年1月31日
木曜夜9時から放送されている『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系)は、会社が舞台の連続ドラマだ。毎回、一人ひとりの社員の悩む姿が描かれるが、占いの能力を持ち人の心の奥底を見ることができるアタルと出会うことで変化していく。脚本の遊川和彦は『女王の教室』や『家政婦のミタ』などを手がける人気作家。今回、会社を描くことで何を見せてくれるのか?

『ハケン占い師アタル』は木曜夜9時からの放送。中央がアタルを演じる杉咲花(©︎テレビ朝日)

 木曜夜9時から放送されている『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系)は、会社が舞台の連続ドラマだ。
 物語はイベント会社「シンシアイベンツ」の制作Dチームに、アタルこと的場中(杉咲花)が派遣社員として入社してくるところからはじまる。
 Dチームの社員は一癖も二癖もある人ばかり。アタルの教育係で現在妊娠中の神田和実(志田未来)、コネ入社で腫れ物のように扱われている目黒円(間宮祥太朗)、上から目線で喋る上司の上野誠治(小澤征悦)、いつも会社をやめたいと思っている品川一真(志尊淳)、仕事はできるが、いつもギスギスしていて周囲から干渉されるのを嫌う田端友代(野波麻帆)、そんなバラバラの考え方の社員をまとめるのに一苦労している課長の大崎結(板谷由夏)と 【ワールドウイング / ライザー】NW-0014 エスクァイア/ESQUIRE ハイブリッド ZWR80G ルーフ有/無対応 H26.10- LYZER LEDルームランプセット、出世欲が強くて社長にゴマをすることばかり考えている部長の代々木匠(及川光輝)。
 毎回、一人ひとりの社員の悩む姿が描かれるのだが、実は占いの能力を持ち、人の心の奥底を見ることができるアタルと出会うことで変化していく。
 みどころは、おとなしく振る舞っていたアタルが、正体を知られると態度を変えて、占い師として同僚にダメ出しをするシーン。
 アタルは「質問に3つだけ答えてあげる」と言って心がズタズタになるようなキツイことを言うが、最後に愛情のある言葉を与える。第2話では、空気が読めない無能な男だと思われていた目黒に、散々ダメ出しした後、頭が空っぽだが純粋なところがあんたの良いところだと告げる。
 アタルの言葉をきっかけに、目黒は自分と向き合い成長していく。
 脚本は遊川和彦。『女王の教室』や『家政婦のミタ』、最近では『過保護のカホコ』(それぞれ日本テレビ系)などを手がける人気脚本家だ。近年は脚本だけでなく、映画『恋妻家宮本』の監督も務めており、『ハケン占い師アタル』では初めて連続ドラマの演出を担当している。

これまで学校や家族を通して社会を描いてきた脚本・遊川和彦。本作では会社を描くことで何を見せてくれるのか?(©︎テレビ朝日)

 80年代から活躍する遊川は、時代にマッチしたヒット作を何本も打ち出してきた。2012~13年に手がけた連続テレビ小説『純と愛』(NHK)では遊川本人のメディア露出も増えたため、遊川本人の人間性の面白さも含めて注目されるようになっている。
 作家として注目されるようになったのは『女王の教室』以降だが、当時の遊川の作風はかなり露悪的で、登場人物を絶望のどん底に突き落として、そこからの逆転劇で物語のカタルシスを作っていた。しかし、『過保護のカホコ』などの近作は、方向性が変わってきている。本作も神田や目黒といった若手社員の描き方は痛々しく、当初は見ていてハラハラするのだが、露悪性は薄まっており、もっと前向きで明るい物語を志向している。
 そういった作風の変化と同時に興味深いのは、「会社」というコミュニティを、遊川が描いていることだ。
 『家政婦のミタ』や『過保護のカホコ』で遊川が描こうとしてきたのは夫婦を中心とした家族の物語であり、ホームドラマの姿をしたラブストーリーだったと言えよう。
 対して本作が描いているのは、会社という年齢も性別もバラバラの人々が集う場所である。もちろん個々人の背景には親子や夫婦といった家族の問題があるのだが、何より描こうとしているのは「会社で働くということの意味」ではないかと思う
 80年代末のトレンディドラマブームの頃から、テレビドラマは会社を描き続けてきた。しかしバブルが崩壊して、終身雇用、年功序列という昭和的な企業形態が、

KAWASAKI ZX-10R (13-15) ABS専用Valter Moto (バルターモト)バックステップレースタイプ

★色番号塗装発送15マジェスタ ピラー【エムアイシー】15 マジェスタ ダイヤキルトレザーピラー 2P レッド, ACRE ブレーキパッド ■アクレ ダストレスリアル リア 【品番:168】 トヨタ カムリ・ビスタ SV32 / SV33 92.6~94.6 ツーリングパッケージ, ファイブ FIVE グローブ GT2 黒 Mサイズ 防水 3882012201241 JP店, 【USA在庫あり】 DRAG リア フェンダー ボブ 73年-85年 FX DS-380032 HD, 制動屋/セイドウヤ ブレーキパッド N1-500X リア 5シリーズ E60 525i BMW/ビーエムダブリュー NU25 SDY1021 【★送料無料】 コルト ステンマフラー【カキモト 柿本改】GT box 06&S コルトラリーアート (2WD) 〈CBA-Z27A〉, 【KYB】New SR SPECIAL 《フロント用単品》 サニーADバン VSY10用 品番:NST5057R/NST5057L ベーシック・ショックアブソーバの決定版, プロジェクトμ レーシングN1 リア左右セット ブレーキパッド クレスタ JZX91 R123 取付セット プロジェクトミュー プロミュー プロμ RACING-N1 ブレーキパット【店頭受取対応商品】, 【国内正規品】MICHELIN(ミシュラン)CROSSCLIMATE SUV 255/60R18 112V XL サマータイヤ クロスクライメート エスユーブイ, UVカット IRカット フィルム オリジナル 製 クリア リアドア MITSUBISHI 三菱 ディアマンテ H02/5~H07/1 F15A・11A・13A・17A・F25A M014-01E 車種別 カット済み フィルム貼り 張替 取付店直送可 新品1本 235/45R17 97Y NITTO(ニットー) NT830 サマータイヤ 国産車 輸入車

KAWASAKI ZX-10R (13-15) ABS専用Valter Moto (バルターモト)バックステップレースタイプ:セイコー タフレック ルーフキャリア Cシリーズ 4本脚 CF623F 三菱ふそう/MITSUBISHI キャンター オイル・エアエレメントセット 日野 レンジャー 型式FJ1J用 ピットワーク AY100-HD506/AY120-TY072 エアエレメント エアフィルター オイルフィルター フィルター 車検部品

KAWASAKI ZX-10R (13-15) ABS専用Valter Moto (バルターモト)バックステップレースタイプ.Largus ラルグス 全長調整式車高調キット SpecS ホンダ インテグラ DB8 車高調 【ハイパープロ】 コンビKIT [22092200+22092201](TRIUMPH BONNEVILLE/T100(17インチを除く) 00-11) 【22092202】

【メーカー在庫あり】 三菱マテリアル(株) 三菱 その他ホルダー UGHR2525M4 HD 【SSR】 EXECUTOR EX01 (エグゼキューター EX01) 19インチ 10.0J PCD:114.3 穴数:5 inset:48 フラットチタン [ホイール1本単位] [H]

、正社員と派遣社員が同じ職場で働く雇用形態が多様化する00年代になると、共通認識としての会社を描くことが難しくなっていった。
 それは同時にロールモデルとしての働く女性をテレビドラマで描くことが困難になっていく時代の始まりだった。
 そんな時代に作られた『女王の教室』で遊川が生み出したのは、機械のように振る舞うスーパーヒロインが人々を翻弄する物語だった。遊川が生み出したそのスタイルは、今では『ハケンの品格』や『家売るオンナ』(ともに日本テレビ系)といったドラマにも伝播し、一つのスタイルとして定着しているが、これらの作品やキャラクターは、戯画化している側面が強いため、会社や働く女性をリアルに描いているとは言い難いものがあった。
 対して、近年は池井戸潤の原作小説をドラマ化した『下町ロケット』(TBS系)や野木亜紀子脚本の『獣になれない私たち』(日本テレビ系)など再び会社で働くということの意味を問い直す作品が増えてきている。

占いの能力を持ち、人の心の奥底を見ることができるアタル。社員は彼女と出会うことで変化していく(©︎テレビ朝日)

 これは、ブラック労働や女性差別といった現代日本の問題が集約されているのが、会社だと オカダプロジェクト プラズマダイレクトTOYOTA 86 ZN6(C型) FA20 H26.6-SUBARU BRZ ZC6(C型) FA20 H26.7-、改めて多くの人々が気づきはじめたからだろう。
それは本作も同様だ。会社員一人ひとりの悩みを掘り下げていくことで、現代社会で働く人々の抱える困難を燻り出そうとしている。
 おそらく最後に謎に包まれたアタルの物語が明らかになるのだろうが、かつて、学校や家族を通して社会を描いてきた遊川は、会社を描くことで何を見せてくれるのか? 遊川の新境地となることを期待している。
■木曜ドラマ『ハケン占い師アタル』 
テレビ朝日系 毎週木曜 夜9時~ 放送
テレ朝キャッチアップ(オンライン動画配信サービス)にて 、放送終了後に最新話配信中

KAWASAKI (バルターモト)バックステップレースタイプ ABS専用Valter KAWASAKI ABS専用Valter (13-15) Moto ZX-10R

  • TVドラマ『dele』 二人の軽妙な会話が作り出す、今までにない“新しい”バディもの

    テレビ朝日系金曜深夜の『dele』はデジタル遺品を題材とした連続ドラマだ。物語の舞台は、依頼人が設定した時間を超えてパソコンやスマホに触らないと通知が行き オカダプロジェクト プラズマダイレクトレヴォーグ 2000 VMG FA20 ターボ H26.6-レヴォーグ 1600 VM4 FB16 ターボ H26.6-WRX S4 2000 VAG FA20 ターボ H26.8-、デジタル遺品を消去してくれる会社。この会社を経営する車椅子のプログラマー・坂上圭司(山田孝之)と、会社に雇われている何でも屋の真柴佑太郎(菅田将暉)の二人が、デジタル遺品の消去を依頼した故人のことを調べるうちに意外な真相にたどり着くというのが、本作の見所だ。

  • TVドラマ『宮本から君へ』 働く人間なら、誰の心にも必ず「宮本」がいる

    ドラマ『宮本から君へ』は1990~94年にかけて連載された漫画が原作だ。今と比べれば、一生懸命になることはダサいことだと多くの日本人が思っていた時期の作品である。そんな時代にあって、恋愛にも仕事にも純粋で暑苦しい男・宮本を登場させることで、激しい賛否を巻き起こした。当時はバブル景気に浮かれていた日本に対する強烈なカウンターだったわけだが、大きく時代を隔てた2018年の20代に、本作はどのように響くのだろうか?

執筆者: 成馬零一 - ドラマ評論家
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

コラム新着記事

  • 中堅・中小企業向け求人広告「中間管理職劇場 〇〇の女」はじまる!

    「女性の管理職が活躍している会社は、働きやすい会社」――HANJO HANJOで様々な中堅・中小企業を取材していて強く感じたことのひとつです。そんな女性管理職にスポットあてることで BMW X5 E70 クローム メッキ リアランプリム テールライト トリム ベゼルカバー 送料無料【___OCS】、新卒・第二新卒に向けた新しいタイプの求人広告が就活サイト・キャリタス就活2020内にて今日からはじまります。

    2019年3月18日

    コラム

  • ドラマ『家売るオンナの逆襲』 シンプルな見せ方で同時代的なテーマを描く快作。

    水曜夜10時から放送されている『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)は、不動産会社を舞台に「私に売れない家はありません」と豪語する女性を主人公としたドラマだ。何より面白いのが、毎話のエピソードにとても同時代的なテーマが込められていること。脚本の大石静は恋愛ドラマの名手として知られるが、今回の作風の根底にあるのは、あらゆる人間の生き方を肯定しようとするダイバーシティ(多様性)だ。

    2019年3月6日

    コラム

  • 経営者が走る理由

    クラウドCTI「おもてなし電話」の江尻さんの連載コラム、今回のテーマは「走ること」。昨日の東京マラソンに参加、あるいは観戦した方なら、そこに大きな物語があることに気がついたはず。経営者にとって「走ること」とは何か? 意外な心象風景が見えてきます。

    2019年3月4日

    コラム

  • 貸切バス業界は「安全の可視化」を!

    今年の2月以降、国内で製造される大型高速バス、貸切バスにはすべてEDSS(ドライバー異常時対応システム)が搭載されることになりました。「非常ブレーキ」と言える装置です。相次いだ事故を受け国がガイドラインを制定し、各メーカーが開発を進めたものです。しかし、搭載したものの、乗客でそれを知っている人はあまりいません。貸切バス業界は乗客にEDSSについて積極的に説明することが求められています。

    2019年3月1日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑦『演技と演出のレッスン 魅力的な俳優になるために』

    「芝居がかっている」「演技が上手い」というと、ビジネスでは0点の評価です。というより、日常コミュニケーションの場でも、大概はだめな方です。しかしなお、「ビジネスも俳優じみていこう! 意識的にそういこう!」というのが今回のすすめです。俳優という生産性のまるでなさげな、ビジネスの対極にいるような人の真似をしてみましょう 【2017~2018年製】 165/60R15インチ KENDA ICETEC NEO KR36 ケイフィネス KF08 新品 スタッドレスタイヤ ホイール 4本セット、という話をします。

    2019年2月25日

    コラム

  • 株式会社シンカが行っている社内の有機的組織の実験

    クラウドCTI「おもてなし電話」の江尻さんの連載コラム、今回のテーマは「社内プロジェクト」。HANJO HANJOのメインテーマのひとつである「社内コミュニケーション」にもつながる取り組みは、会社をどう活性化させたのでしょうか?

    2019年2月6日

    コラム

  • 利益を貯めていたら成長はありません! 配る経営へ!!

    李日生さんの連載コラム、新年の一本めは企業経営の核である「ヒト・モノ・カネ」についての提言です。このところよく耳にするのが「内部留保」。儲けたカネは最大限に有効活用しなければなりません。ではどんな対応が好ましいのでしょうか? 内部留保の「ヒト・モノ・カネ」への適切な配分を李さんは勧めます。

    2019年1月15日

    コラム

  • 「旅行の民主化」への、二つのミッシングリンク

    2019年の国内の旅行消費は「意欲的」と予測されています。年間のべ1億1500万人に利用され、鉄道に次ぐ第二の幹線輸送モードである「高速バス業界」ですが、そのプラスの流れを受け止めて市場を拡大することができるのでしょうか? この業界を長く見つめてきた成定竜一さんが、今年の行方を展望します。

    2019年1月11日

    コラム

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-84956