img.wp-smiley, img.emoji { display: inline !important; border: none !important; box-shadow: none !important; height: 1em !important; width: 1em !important; margin: 0 .07em !important; vertical-align: -0.1em !important; background: none !important; padding: 0 !important; }
 >  > SUZUKI GSX-R1000 (05-06)Valter Moto (バルターモト)バックステップレースタイプ

SUZUKI GSX-R1000 (05-06)Valter Moto (バルターモト)バックステップレースタイプ

オープンウオーターダイバーコースを修了し、ダイバー認定を受け 、すでにアクティブにダイビングを楽しんでいる皆さんへ。

「もっと上手になって、もっとダイビングの事知り、もっと楽しく安全に潜りましょう」がテーマのお話です

Thinking Like a Diver 「ダイバーの様に考える」

当店開催のアドバンスコースでは、経験の少ないビギナーダイバーも、ベテランダイバーと同じような視点で気付くこと、意識すること、考えることが出来る様に「Thinking Like a Diver」をテーマとしたコースを開催しています。

ダイバーの様に考えることって?

例えばダイバーでしか思考の必要のないエア・マネージメント

自分自身で残圧を把握し、今現在の残圧を常に意識出来きている事が必要です。リーダーが確認管理するのが原則ではありません。言わばウルトラマンでしか思考の必要のない地球上に滞在出来るの3分間みたいなもんですね。ダイバーもどんな事があっても空気が無くなる前に陸上に戻らなければなりませんからね。

また 17インチ サマータイヤ セット【カムリ(50系)】MID RMP 010F ハイパーメタルコート/ミラーカット 7.0Jx17LEMANS V LM5 215/55R17、決められた最大深度を守るのは大原則です。今いる深度と相対的に考えて地形的にどのあたりまで行くと最大深度を超えてしまうかなって考えること。

さらに、フィッシュウオッチングや撮影も他のダイバーへの配慮やもちろん自然環境保護の意識も重要。「あっ、私ってこの魚の撮影独り占めしてる!」こんな気付きも必要。ダイバーとしてのマナーですね!

アドバンスコースの5ダイブはすべて別々のテーマでのダイビングですが、当店のアドバンスコースでは中性浮力と、潜降浮上。そして「ダイバーの様に考える!」をしっかりマスターして頂くこと基本方針としています。

アドバンスコースを受講して・・・・・

『上手にかっこよく潜れると・・・強烈にダイビングが楽しくなります!」

 

 

●この記事は私が書きました

フリーダイビングで30mにチャレンジが目標!

『矢北 浩司』:潜水歴38年、

、インストラクター歴33年【潜水士・日本安全潜水教育協会事務局・PADIインストラクターNo.800376・SSI No.0101J. NAUI. IANTDインストラクター・水難学会着衣泳指導員・アメリカ洞窟学会フルケイブダイバー・1990年SSIプラチナプロ5000日本人初受賞】

 

 

 

 

Follow me!

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-73996